読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラとソロモンを読んでいます


エイブラハムやバシャールを読み漁って、神様とのおしゃべりも読破し、
ついにサラとソロモンも買った(まだ読書中)。
今年の図書費は去年のそれを3月の時点でもう超えたであろう(*^^*)
サラとソロモンの装丁の悪さにはビックリ・・・。
これで2000円もするの?! 手に持っていて痛いし、
なんだか印刷も薄いし、ヒモの跡が紙にくっきり残ってるし!
引き寄せの法則」はハードカバーでしっかりした本なのに、
この値段でこの装丁は不思議な位。。。

しかし内容はすごいです。深すぎです。
実践は無理なんじゃないか?と及び腰になるくらい。
これを許すのは恐怖すら感じてしまいます。
でも、これしかないのはわかっている・・・だけど!

今の私には、難しすぎる。
でもやるしかない。
ソロモンが言うように、簡単なことから、始めよう。
味わい愛でる。
これって、原文ではなんなんだろう。

(調べました)

・・・「Appreciation」感謝でした!!
えっそうなの?!という感じ!
「神様とのおしゃべり」で、めちゃくちゃ感動したところ。
人は、感謝すれば幸せになれるのではなく、
感謝している時が一番幸せなのだというところ・・・。
やはり、感謝なのか。つまるところ、
行き着くところ、感謝なんですね。

もう10年以上前から、「ありがとう」を言おう、
言い続けよう、と言われてきたけれど、腑に落ちてなかった。
ありがとうと言うから幸せになれるのではなく、
ありがとうと言うようなことが起こったとき、幸せなのですね。
そして全てを味わい愛でる=全てに感謝できたとき、
ものすごい幸せを感じることができるのでしょう・・・。

 

※Appreciationは詳しく訳すと、在るものを受け入れて感謝する

足るを知る、ということにもつながりますね~☆彡