レイキの五戒

せめて今日一日
1.怒るな
2.心配するな
3.感謝して
4.仕事に励め
5.人に親切に

レイキには以上の5つの戒めがあります。
レイキの創始者である臼井先生が、患者に治療を始めた時
元気になって帰っていっても、また具合が悪くなって戻ってくるのは
どうしてなんだろう?と考え、それは心の在り方だと悟ります。

毎日は難しいかもしれない。今日はできなかったかもしれない。
だからせめて「今日一日は」怒らない、心配しない、、、

これは、まさにエイブラハムの教えにも通じています。
「サラとソロモン」でも、朝起きた時に
「何が何でも今日一日、幸せの流れにつながっていよう!」
と宣言することを勧めています。

私は10年以上前にレイキの師に教わっていたのに、
この10年一体何をしていたんだろう・・・(^_^;)

他にも、嫌な人の、嫌なところを見ない。
包帯をぐるぐる巻きにしてしまいなさい。とか、
「薔薇のテクニック」という、嫌なことや人を
薔薇で包んで爆発させてしまい(もちろんイメージで)、
それが光になって自分に降り注ぎ、自分の中に吸収する
というテクニックを教わっていたのに、
ホントーにまるっきり、活用していませんでした(T_T)

今まで、引き寄せられなくて当然だった・・・(トホホ)

引き寄せの法則に出会い、全てがつながっていて、
同じことを言っていることに気付きました。
言っている人は違うのに、内容はまるっきり一致します。
これは真実だと私は思います。