読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セドナメゾット

感情は、我慢して押し込めちゃいけない。

押し込めたら、ずっとそこに固まってある。

まるで冷凍庫の中の氷のように。

そこにあることを、認めて、感じ切る。

そして、手放す。

これの繰り返し。

それがセドナメゾット。


やり方は、本当にシンプルです。


1、今、何を感じていますか? ⇒内面観察

2、それがあることを認めますか? ⇒「はい/いいえ」

3、それを手放すことはできますか? ⇒「はい/いいえ」

4、手放しますか? ⇒「はい/いいえ」

5、いつ? ⇒ 今


昔、カウンセリングを受けていた時、ずいぶんやったけど

あれがセドナメゾットだとは知らなかったなあ・・・(^_^;)

1人でも続けること。とは教わらなかったので

(1人だと感情から逃げてしまうので、必ずカウンセラーに
 誘導してもらってやること。と言われていた。
 今思うと金儲け?(^_^;))


重く、凝り固まった感情の場合、上記のやり方では

なかなか溶けてきません。氷のように固まってるから。

ゆっくりと溶かしていくには、その中に入ってしまう。

水の中にもぐるように、その感情の中にもぐっていきます。

そして、あることを認め、感じ切ります。

あるねー、隠してたけど・・・あったね。と認める。

まずはこれが必要です。


私の場合は、こんなことでした。

若い女子社員が同じ部に配属されてきました。

顔は、ハッキリ言って、アレなんですが(爆)

体も、ハッキリ言って、アレなんですが(爆)

とにかく若いのでピッチピチだし、声は高くてかわいいし、

初々しくて、まぶしいくらいでした。

しかし、おっそろしいほど仕事ができない(-_-;)

それなのに、正社員です(私は契約)。

あまりの仕事のできなさに、呆れ、馬鹿にしていました。


だけどずっと心の中にもやもやがありました。

そのもやもやを、馬鹿にする気持ちでずっとずっと隠していました。

でも、セドナメゾットを始めて、気付きました。

その感情が、心の奥底に固まってあることに・・・。


解放するために、私はこの感情にもぐりこみました。

あー・・・あったー(-_-;) 「うらやましい!」という気持ち。

それが、嫉妬という、私の一番嫌っていた感情になっていました。

嫌いだから、隠した。

でも、ありました。

あったー。あったねー。と、私は、完全降伏し、認めました。

そして、手順通り、手放しました・・・。


こんな風に、自分が嫌だと思う感情は、隠してしまうんですね。

我慢するというより、隠して、なかったことにしてしまう。

でも、あります。認めないと、手放せない。

あることを認めて、手放すだけ。

セドナメゾットは、本当にシンプルだけど、強力です。