自分を愛するということ


自分を愛するということは・・・

自分の感情を否定せず、そのまま受け入れること。

私は今まで、自分に嫌な感情が生まれたとき、即座にそれを否定したり、
もしくは見なかった、感じなかったふりをしたりしていた。

受け入れられなかった感情は、母親にまとわりつく小さな子供のように
何度も何度も抱っこをせがんだ。


どんな感情でも、それがどんなに悪い感情でも、いやな感情でも、
とても受け入れがたいと思えるような酷い感情でも、
それをじっと見て、それがあったことに気付き、眺め、受け入れると
セドナメゾットをするまでもなく昇華されていく・・・

自分を否定しないこと。どんな自分も受け入れること。
これが自分を愛するということだと、
長いこと自分を愛せなかった私が、昨日の誕生日の日に気付いたことです。