アニータ・ムアジャーニ著 「もしここが天国だったら?」

アニータ・ムアジャーニ著「もしここが天国だったら?」

この本は本当にすごい。

Manaさんの最新刊「空の扉を開く聖なる鍵」を読んだ後だったので更に理解が深まりました。

自分の生の経験と照らし合わせて書いてあるので

すごーーーく腑に落ちやすい!

出会ったのは一年前だけど、ますますアニータさんの大ファンになりました!

 


自分の中の小さな子供(エゴ)を心の底から愛すること・・・

これが「自分を愛する」ということなのですね。

 

そんなことをしたら嫌われちゃうよ!

嫌われたらひとりになっちゃうよ!

ひとりになったらさみしくて死んじゃうよ!!

だから嫌われないように、自分を殺して他人に合わせないと・・・。

私の中の小さな人(エゴ)は、ずっと私にそう言い聞かせていました。

私はそれを信じ、自分に嘘をついて自分を殺し他人に好かれるために

偽りの自分を演じてきました。

それは自分のエネルギーを相手に明け渡すということ。

自分の人生を生きていなかった。

アニータさんもまさにそうだったようです。

私もこのままだと自分の中に癌を作ってしまっていたかも・・・。


大昔の友人が「病気はギフト!」と言っていたけれど、

本当にそうなのかもしれない。

病気になる前に気付けたことに感謝。