受け取り拒否していた⑤

そう、私はビビってたんだ。
自信がないからってあらゆる状況を受け取り拒否して、
ただ遠くから眺めているだけを選んで、だけどそれでは空しいだけで…。

望んでいながら、願っていながら、宇宙にお願いしておきながら、
結局私というヤツはビビりで、受け取って責任取るのが怖くて、逃げてた。
逃げてしまった状況は虚しく飛び散り空中浮遊した。

・・・このまま生きていくの?

このまま、あらゆるギフトを受け取り拒否して、満足な人生からかけ離れていくの?


もちろん、そんなのはいやだ!!!

この宇宙からのギフトを、すべて受け取りたい。
素敵なものばかりではないかもしれない。
嫌な、いらないものもあるかもしれない。
だけど余すことなくすべてを受け取り、流していきたい。

私は最高のものを受け取ってよかったんだ。

「次点」のものしか値しないなんてことはなかったんだ。

もう何一つとして、受け取り拒否しないと決めた。
すべて受け取る。それが人生じゃないか。
一体何を怖がっていたのだろう?

決心したら、私の人生は変わっていくと、やっと、やっと思えた。
決意が足りなかっただけなんだ。
すべてを受け取るということは、すべての責任を取るということ。
ビビっていた私は、この責任を取るということが怖くて、
長い長い長い間受け取り拒否を続けていた。

よく「近寄るなオーラ出してる」って言われてて、意味がわからなかったけど、
本当に出てたんだ!近寄るなオーラ!!
そりゃあ運も人も逃げていくよね!!


本当に生まれて初めて、決めた。
私は何もかも受け取るって。
受け取るといっても、腹にためるということではないことも、わかっている。
受け取っては消化して栄養にしたり、ただ流したり、人に与えたり、教えたり、
とにかく、一度受け取らないことには始まらなかったんだ!!!

それに今まで気づかなかったなんて、なんてこった!!!

私の人生はこれから変わっていくと、生まれて初めて、確信している!


(おわり)