ラピスラズリ

15年前くらいになるだろうか。
スーパーの特設会場みたいなところで見つけた、
ラピスラズリのブレスレット。
それは見事に地球みたいで、私はその時、
宇宙から見た地球をフラッシュバックのように思い出した。

「なんて綺麗なんだろう!行ってみたい!」
私は地球の美しさに惹かれてそこに転生することを決めたんだ。
私の誕生は簡単なものではなかった。
母の子宮を破裂させて生まれてきた。
一体何に阻まれていたのか、お不動様と鬼子母神様の力を借りて
何とか命を取り留めたと霊能者だった祖父に聞かされた。

まあそれも地球ゲームの一つのシナリオだったのかも…
私の知るところではないけれど。
幼いころから漠然と、全ては繋がっているという感覚と
この世だけではない世界があることを感じていた。

でもそれでは生き辛かった。
思春期のある日、私はそういう他の世界を感じる能力を
自ら閉じる決意をした。もう見ない、見たくない!!と。

それは次女を出産するその日まで続いた。
帝王切開で次女を産むとき、どうしても局所麻酔が効かず
全身麻酔に変更になり、途端に私は宇宙空間に放り出された!

ものすごい勢いで薄いピンク色の光のトンネルの中を、
それは例えていうならウォータースライダーのようだった。
その100万倍くらいのスピードで通り抜けた。
そこはすべてが一つだった。鉄の塊も、地面も、プラスチックも、木々も、
私とはとても同質とは思えないモノたちもが、全ては一つに溶け合っていた。
麻酔がさめて目が覚めても、しばらくはその感覚が抜けなかった。
現実はどちらなのか? しばらくわからなくなっていた。

口がきけるようになったとき、周りの人たちにその時の体験を
堰が切れたように話したけれど、みんな「夢だよ」と取り合ってくれなかった。
しかし私はその強烈な体験が忘れられなかった。

それでも二人の子育てに追われて忘れかけていたころ、
次女の下痢が全く止まらず、病院に行っても治らず、
心配でネットを検索しまくっていた私は、突然導かれるように
辿り着いたメンターからレイキのアチューンメントを受けた。
そこから私の精神世界の扉が、やっと開き始めた。