読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべて愛だった

 

観察を続けています。
津留晃一さんの文章を読んでいて、
たとえ意地悪な気持ちが湧いてきてもただ認め、
愛してください。と書いてあって・・・

その時、私はある人に少し意地悪な気持ちを抱えていました。
それとは別に、復讐したいと思うような気持ちも昨日経験していました。

(すごくつまんない復讐ですよ、もう口を聞いてやらない!とか(笑))

 

そしてあるドラマの最終回を見ていたら、、、
犯人が、自分を捨てた母親に対する復讐の為に次々と犯罪を犯していたと判明!
(なんかちょっとガッカリな最終回でした・・・)
復讐って、完全に愛情の裏返し。いやもう、愛そのものですよね。

だって本当に嫌なら、母親なんかこっちから捨ててやって、

お金はたんまりもらったんだし、
外国にでも行って女はべらかして幸せに暮らしたらいいじゃないですか。

それをわざわざすんごい時間を割いて、ものすごい頭脳プレーで、
死ぬほど労力を使ってまで復讐するなんて、もう愛がなくちゃできない!

そこで私も、わざわざ労力や時間を割いてまで、イジワルや復讐をしてやりたい
なんて考えるなんて、これまた愛以外のナニモノでもないではないか!!と気付いたわけです。

そういうことを考えている時間は頭の中はその人のことだらけになるわけだし、
もし本当に行動に移すとしたら結構労力も使うし、時間も体力も超無駄!!
自分の楽しいことに時間を費やした方が、ぜーーーったい幸せなのに!!
そんなこと百も承知の上で、嫌いな人のことをずーーーっと考えて
意地悪してやろうかとか復讐してやりたいとか・・・・・マジ時間の無駄(^_^;)

結局、そんなネガティヴな感情すらも、愛から生まれている・・・
結局は全て愛だった。おんなじエネルギーだった。
と突然気付いた今朝でした。

 

(意地悪してやりたいと思わせてくれたYちゃんありがとう!(笑))