読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「今」を受け入れるということ

今朝はものすごい寒さでした。

起きた時、家の中なのになんと3度。屋外は-1度。

屋外と大して変わらない我が家の壁の薄さ…(^_^;)

「寒くて嫌だなあ」となんとなく思った瞬間、

「寒さも楽しんでみたら」という気づきの声!

「!あっそうか!」と突然、腑に落ちた。

「寒さ」を拒否するから、つらい。

「寒さ」を受け入れて、その感覚をも楽しめばいい。

それが、「今」を受け入れるということ。

「今」と仲直りするということ。


それから床の冷たさや食器の冷たさを感じてみた。

指がかじかむ感覚、自分の掌で暖めた時の感覚、

ヒーターの暖かい風があたる感覚・・・

全てが、冬ならではの、「今」しか味わえない感覚。

おおー「味わい愛で」れてる!!(笑)

 

どんなことでも、辛いのは受け入れられないから。

受け入れてしまったとたんに、それは経験の一つになり、

観察の対象になり、興味深いものとなる。

「今」という一瞬一瞬の「刹那」を、初めてみるように味わえば

子供のころのような真っ白な気持ちでそれを受け入れられる。

雪は嫌だなあ・・・なんて子供のころは思わなかった。

雪に対する、純粋な好奇心でいっぱいだった。

そんな風に、全てものに初めて接した時のように

「今」を楽しめば、その状況を受け入れれば

悩みも苦しみも 無くなっていくんじゃないかなあ・・・

そんなことを思いながら、頬に落ちる雪の冷たさ、

革靴のつま先の冷たさを楽しんだ朝でした。