自分に起きることは、全部自分の責任

最近はずっと都留晃一さんのメッセージ集と、
ガンガジとの対話を読んで内観しています。

「ガンガジとの対話」の
「あなたの目覚めに対して、ご自身で責任をお持ちなさい」
を読んで気付いたこと。

私は長いこと、「笑顔になれない」ことに苦しんでいた。
もちろん面白いことや楽しいことがあれば当然笑う。
でも、そうでないときも「笑顔は大事」「まずは笑顔から!」
「挨拶は笑顔で!」etc… 笑顔が一番!という風潮(?)に
笑顔が作れない自分に苦しんできた。

それにはトラウマともいえるきっかけがあった。
何度も何度も現れるこのやっかいなトラウマを癒そうと、
セラピストのカウンセリングを受けたりヒーリングを受けたり
様々なことをしてきたけれど、その時は納得してもまたすぐに
いつの間にか戻ってきてしまう…気が付くと戻っていることに
苛立っていた。また、これかと…。

嫌な感情が湧いてきたときに、そこから逃げずにその感情に沈み込む、
ということをやっていると、いつもこのトラウマにたどり着いてしまう。
もう何度も何度も癒しているはずなのに、またか!と思う。

なぜ、おそらく8才位の時のトラウマに戻ってきてしまうのか…
その理由がやっとわかった気がする。

私はそのトラウマの原因となった友人の母親のことを
ずっとずっと許せなかったのだ。
そしてずっとこのことを、彼女のせいにしてきた。
笑顔になれない理由を、彼女の責任と押し付けてきたんだ!

だけど、自分に起こったことはすべて自分の責任。と捉えると
あの一言すら、引き出したのは私の責任
もっと言えば、あの出来事は、私が作り出したこと・・・!

私は、笑いたくなったのかもしれない。
面白くもないのに、笑顔を作るのが苦痛だったのかもしれない。
自分の気持ちに従って無表情でいて、
それを他人に咎められると、彼女のせいにしてきたんだ。 

「嫌われる勇気」にも書いてあったことだ。

人は、理由を後付けすると…。 

30年もの間、魔物のように思ってきた彼女のことを
イメージの中で、笑顔にしてみた。
いつも、鉄仮面のように表情のなかったあっこちゃんのお母さんが
柔らかく 美しく 光の中で微笑んでくれた。
ありがとう、ごめんなさい…長い間悪役にして。

心の中の大きな氷塊が、氷解して 全身を緩めて、小さな光になって
私の体から蒸発するように 天に昇っていく感じがした
やっと、手放せたのかも、しれない