「切ない」を感じる

生まれてこのかた、こんなにも「切ない」を感じたことはなかったと思う

 

この切なさから逃れようとして、この1ヶ月、ひたすらに走った。走りまくった

 

忙しく動き回ることで、この切なさから逃げていたんだ

 

しかし季節は梅雨…清々しかった5月とは裏腹に、否応無く家に閉じ込められる

私はついにこの逃げ回っていた感情と向き合うこととなった

 

どんなに全力で逃げ回ったところで、感じ切らなかった感情は絶対に追いかけてきて、いつか捕まる

向かい合い、昇華しない限り、絶対に逃れられない

しかも自分では逃げ回っていたことにすら気付いてなかった

ただひたすらに行動だけが人生を変える!と信じて走り回ってたんだ

 

だけどついにがんじがらめになった

逃げるところが無くなった

行動は、逃避だったことに気付いた…

 

自分の内面と向き合うしかなくなった

逃げ回っていた感情とサシで向き合う

そしたら

私を切なくさせていたのは、決して他人ではなく、自分の内面の問題だったと気付いた…!

 

ひとしきりその切なさと向き合い、なぜか勝手に流れてくる涙を流れるままにしておいたら、やっと、胸のつかえがとれた感じがした

 

1ヶ月も逃げ回っていたのに、1時間もかからず流れていった

 

ああ…何してたんだろう、私は

 

でも、なんか、すごく、大切な時間だった

 

と思う

 

こんなに私に「切ない」を感じさせてくれて

ありがとうって思う